ページ

2017年2月20日月曜日

エナガちゃん!

 二十四節気の雨水を過ぎたというのに今日の盛岡は朝から雪が降り続いています。気象庁のホームページによると本日の盛岡は最高気温が氷点下の真冬日で積雪も20センチほどになりました。そんな冬に逆戻りの天気になるといつもの野鳥フィールドのエナガちゃんたちはどうしているのか気になってしまいます。
 今日アップするのは久しぶりのエナガちゃんの写真です。この一年間で数千枚の野鳥写真を撮影しましたが、その中でも一番のお気に入りの写真です。カメラいつものNikon D300S、レンズもいつものサンヨンと1.4xテレコンという使い慣れたカメラとレンズです。この組み合わせには十分満足していたのですが、ついにNikon D500を発注してしまいました。D500はD300(S)からどれだけ進化しているのかとても楽しみです。

2017年2月16日木曜日

光の春

 立春を過ぎてからは夕方5時になってもまだ空に明るさが残るようになりました。日が長くなったことを実感しています。先週までは盛岡では毎朝のように積雪がありましたが、今週は積雪もなく徒歩の通勤も楽になってきました。
 昼休みのランチ後の時間に中津川沿いを散歩していると、鳩やスズメに餌付けする人がいたのでついつい撮影してしまいましたよ。マミヤの二眼レフのレンズはセイコーの0番シャッターが多く搭載されていますが、小型軽量なセコール80/3.7だけはコパルの00番シャッターなので、シャッター音が静粛でスナップ撮影に向いています。

2017年2月6日月曜日

風 雪

 余寒お見舞い申し上げます。立春を過ぎて暦の上では春になりましたがまだまだ厳しい寒さが続きますが、拙ブログをご訪問の皆様には御健勝のことと存じます。今年の冬は一月に氷点下13度という厳しい寒さもありましたが、意外と雪が少なかったようです。雪の写真もあまり撮っておりませんでした。
 そんな中でときどき吹雪模様になったりしますと写真を撮りに出かけてしまいます。とはいっても休み時間に職場近くでスナップを撮影する程度です。写真の人物は吹雪に向かって歩いていたのでしょう。コートの前面に雪が積もっています。カメラはいつものマミヤ、フィルムもいつものトライエックスです。少しは雪の粒が写ってくれました。

2017年1月31日火曜日

中の橋

 昼休みにはなるべく職場から外に出てランチ後の散歩をするようにしています。職場は盛岡市役所や岩手県庁の近くなのでスナップを撮影するには良い場所です。そんな中で良く撮影してしまうのが中津川にかかっている中の橋です。欄干の装飾が何となくレトロでお気に入りの被写体なのです。
 ところで今回アップした写真は在庫から選びました。久しぶりのローライフレックスです。そういえばしばらくローライフレックスにフィルムを通してないことに気がつきました。フィルムも珍しく富士フイルムのNeopan 100 acrosです。普段のマミヤとトライエックスとは違った繊細な雰囲気に思えてきます。またローライフレックスにフィルムを詰めたくなりました。

2017年1月20日金曜日

リンゴ畑

 昨年引っ越しをして以来、通勤コースが中津川沿いの散策路から山の上のリンゴ畑の作業道にかわりました。川沿いの散策路も気持ちの良いコースだったのですが、山の上のリンゴ畑コースも野鳥の声が爽やかで良いコースです。片道約40分。運が良ければエナガちゃんの群れやリスに出会うことができるのです。このリンゴ畑コースを毎朝歩く人は私を含めて3人位しかいないようなのです。雪が降ると足跡でわかります。

2017年1月12日木曜日

雪の街角

 この冬は積雪が少なく穏やかな正月を迎えていましたが、今週からの強い寒波のためか盛岡でも積雪となりました。さっそく雪景色の写真をアップしたいところなのですが、フィルムカメラの場合はすぐに写真を準備できません。そこで過去の写真を探してみたら昨年5月のフォルダにあったのがこの写真です。撮影したのはおそらく3月だと思いますが、ちょうど4月の引っ越し作業に追われていてアップしそびれた写真です。今年の雪はこの写真よりは少ないのですが、今回降っている雪はちょうど同じような感じで降りしきっています。

2017年1月4日水曜日

光の海

 新しい年を迎えました。拙ブログをご訪問頂いている皆様にはご健勝の事と存じます。昨年も色々な出来事がありましたが、おかげ様で無事に平穏な新年を迎えることが出来ました。ありがとうございます。
 今日アップする写真は12月上旬に撮影した淡路島の淡路市から望む朝の大阪湾です。昨年読んでとても面白かった和田竜さんの歴史小説「村上海賊の娘」の最終決戦の舞台になった海ですね。淡路島から望む大阪は遥かに霞んで見えます。淡路島に集結した村上水軍は織田信長方に攻撃されて窮地に陥った大阪本願寺を救うために決戦を挑んだのです。大阪本願寺は最終的には織田信長に落とされてしまいますが、後にその本願寺だった場所に豊臣秀吉が大阪城を築いたのですね。大河ドラマ「真田丸」もとても面白かったです。激動の歴史の舞台になった大阪湾はとても穏やかな海でした。
 今回の撮影に使ったカメラはMAMIYA C220 professionalとSekor 80/3.7という軽量な組み合わせ(約1.3kg)でしたが、逆光のシーンでもフレアやゴーストが少なく頑張ってくれました。右クリックで1080pxのサイズになります。

2016年12月29日木曜日

年の瀬

 2016年も慌ただしく過ぎ去っていくようです。色々なことがあった一年でした。何故かカメラを一台も買わなかった一年でした。野鳥撮影にはNikon D300とD300Sがあれば十分と感じて結局D500をお迎えしませんでした。中古のフィルムカメラも買いませんでした。中判モノクロ写真にはMamiya C330、C220、C22 professionalの3台とSekor 55mm, 80mm, 105mm,135mm, 180mmがあれば十分に自分の撮りたい写真が撮れるのです。マミヤ二眼レフは少し重いのですが、頑丈で故障の心配がないので安心して持ち出せます。ローライフレックスは軽くて良いのですが、毎日持ち歩くには繊細な雰囲気で躊躇ってしまいます。またPENTAX 67は毎日持ち歩くには重すぎるのです。贅沢を言うと軽量、薄型で持ち運びが便利なスプリングカメラのMamiya 6などをお迎えしたいところですが、良い出会いがありませんでした。
 野鳥写真は撮っていますが、ダム工事や河川工事のためヤマセミフィールドの減少してしまいモチベーションが少し低下してしまいました。一方の中判モノクロ写真は奥が深くて、今後も撮ってみたいイメージが色々と湧いてきます。ブログにアップするのはすっかりモノクロ写真ばかりです。
 今日アップしたのは慌ただしく撮影した銀座と神戸のスナップです。カメラは旅行向きに軽量なC220ですが、フィルムは何故かネオパン100アクロスでした。
今年も拙ブログをご訪問頂きありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


2016年12月26日月曜日

岩手県公会堂

 いよいよ2016年も残りわずかになりました。盛岡は積雪もほとんどなく穏やかな年の瀬を迎えています。そういえば今月で拙ブログを開設してから3年になりました。写真共有サイトのZorgが閉鎖してもうすぐ3年になるのですね。Zorg仲間だった皆様は如何おすごしでしょうか。
 ところで岩手県庁と盛岡市役所の間にある岩手県公会堂は、大正14年起工、昭和2年完成の古い洋風建築のホールです。平成18年には登録有形文化財として認定されています。設計者は早稲田大学の大隈講堂や日比谷公会堂を設計した佐藤功一博士(元・早稲田大学建築学科主任教授)だそうです。創建時の公会堂は、県会議事堂、大ホール、西洋料理店および皇族方等の宿泊所が備えられていたそうです。現在でもコンサートや展示会や会議など様々な用途に使用されている、情緒ある建築です。一度、写真展や写真撮影に使ってみたい建物です。

2016年12月20日火曜日

朝の小径

 師走に入ってから盛岡は厳しい冷え込みと積雪がありましたが、今週に入ってからは割と暖かい日が続いています。バイクを冬じまいしたので、今月は歩いて通勤しています。徒歩で40分、途中には野鳥の姿を楽しめる森やリンゴ畑があります。お気に入りの通勤コースは急な坂道があって雪が深いと歩くのが難しいのですが、写真のような眺めの良い小径があるのです。遠くに見える稜線は南昌山で、手前にかすんで見えるのが盛岡の街並みです。この小径の坂道を下ると国道4号線とJR山田線の立体交差点に出るのです。小径の柵の両側は丘の上のリンゴ畑になっていてエナガちゃんやカラ類が群れで飛び交っていたりして、ついつい眺めて楽しんでしまうコースなのです。